Sunday, November 19, 2017

-惑星Cを行く[C: cancer、癌]-

WOPC: Special Guest

-惑星Cを行く[C: cancer、癌]-

スペシャルゲスト

今日は、We Are Family財団の10周年のお祭りが行われる。僕らは、創造性を刺激する夜を迎え、ゲーム『Halo』のテーマを手掛けたマーティー・オドーネル、ジャクソン・ブラウン、ザ・B−52ズ、シスター・スレッジのキャシー、ヴァレリー・シンプソン、ウータン・クランのGZA(ジェザ)、Q−Tip、The CHIC Organization、そして超弩級のサプライズスペシャルゲストとのパフォーマンスを行うパーティを開く。そしてまた、僕の祝祭では一人一人がスペシャルゲストである、と僕は思う。

 

WE ARE FAMILY財団

LET'S DANCE

10周年記念ガラ

僕らの財団の創業者ナイル・ロジャースを称えよう。

ナイル・ロジャース

音楽界の 40年を切り拓く、 ロック、 ポップ、 ディスコ、 そして ヒップホップの アイコンが提供する、 ノンストップの パフォーマンスで 一生に一度あるかないかの夜を祝おう!

ホスト:

ロージー・ペレス

10月24日月曜日

チケット申し込みはこちらをクリック»

 


"We Are Family" 2001 -監督:スパイク・リー

 


Add a comment Add a comment

Comments

Category: -惑星Cを行く[C: cancer、癌]-

WOPC: I Love Playing Guitar

-惑星Cを行く[C: cancer、癌]-

ギターを弾くのが好きだ


ギターを弾くのが好きだ。

音楽は常に僕の人生の重要な一部だ。子供の頃から、僕は音楽を演奏している。 音楽人生(バンド・アレンジ、オーケストラ用の譜面書き、作曲そしてプロデュース)の全ての事柄が好きだが、僕はその全ての中で、ギターを演奏するのが一番好きだ。

もし、僕にできる事全てが、ただ毎日僕のギターで他のアーティストの人生に貢献するという事だとしても構わない。僕はギターを弾くのが好きだから。

 


マドンナとギターを弾くのが好きだった。


スラッシュとギターを弾くのが好きだった。


サイモン・ル・ボンそしてデュラン・デュランとギターを弾くのが好きだった。


ミック・ジャガーそしてハービー・ハンコックとギターを弾くのが好きだった。


デヴィッド・ボウイそしてスティーヴィー・レイ・ヴォーンとギターを弾くのが好きだった。


エアロスミスとギターを弾くのが好きだった。


エルトン・ジョンとギターを弾くのが好きだった。


アダム・ランバートの次のアルバムでギターを弾くのが好きだ。

 


CHICでギターを弾くのが好きだ。-"Let's Dance"ライブ-ヴォーカルはラルフ・ロール。

 


Add a comment Add a comment

Read more...

Category: -惑星Cを行く[C: cancer、癌]-

Adam Lambert Session


彼のもうすぐ発売されるアルバムの為の、アダム・ランバートとの最初のスタジオセッションのビデオクリップ

 訳註:アダム・ランバートは2009年の「アメリカン・アイドル(シーズン8)」で準優勝し、その年末にデビューを果たしている歌手。同番組内でキッス、クイーン、マイケル・ジャクソン等を歌い(キッス、クイーンの曲ではそれぞれ本人と共演!) 話題となった。

 新作は来年発売予定という。

 尚、ここにリンクされている画像は音声がカット(ミュート)されており、途中18”〜30”で交わされている二人の会話のみが聞ける。

 「曲の完全性を守る為」と断りが明記されている。「完成前・発売前であるから」とも「YouTubeでYouTube自体を告発している」とも取れるだろうか。

 ともあれ、無音ではあるが2011年の十月二十一日にギターを弾くナイル・ロジャーズの動画を観られるのは嬉しい。発売を待ちたい。

 


Add a comment Add a comment

Comments

Category: -惑星Cを行く[C: cancer、癌]-

WOPC: "Le Freak" In Stores Now!

惑星Cを行く[C: cancer、癌]

『Le Freak』発売中!


この店で今まで行われた中で、一番の成功したイベントだったと僕らは言われた。-立ち見席以外は満員だった。

昨夜のBarnes & Nobleのイベントに来てくれた皆、本当にありがとう。

この店で今まで行われた中で、一番の成功したイベントだったと僕らは言われた。-立ち見席以外は満員だった。皆、ありがとう!

もっと(サインイベントが)控えている。 :)

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


Add a comment Add a comment

Read more...

Category: -惑星Cを行く[C: cancer、癌]-

WOPC: "Le Freak" Out Now!

惑星Cを行く[C: cancer、癌]

自伝『Le Freak』発売!


僕の古くからの、そして新しい友達、皆、ありがとう。カリフォルニアでは素晴らしい成功を収めた。

今、NYに向かっている。Barnes and Nobleで会おう。

 

 

 

 

 

 


 


Add a comment Add a comment

Comments

Category: -惑星Cを行く[C: cancer、癌]-

WOPC: The Wonder of Life

惑星Cを行く[C: cancer、癌]

人生の不思議さ


家に帰る途中、僕は鳥の群れが低く飛ぶのを見た。彼らは僕に人生の不思議さを思い出させた。

家に帰る途中、僕は鳥の群れが低く飛ぶのを見た。彼らは僕に人生の不思議さを思い出させた。

僕の最初のアルバム"CHIC" (邦題「ダンス・ダンス・ダンス」)がチャート入りして以来、僕は沢山の友達を失った。彼ら一人ひとりが去るごとに、僕は死について考える。それでも、僕は、彼らのお陰で人生がどんなに素晴らしいものであったかといつも思う。

癌が僕を襲ってきてから、僕は全ての物事が人生の不思議さを僕に思い起こさせることに気づく。

 


彼らは僕に人生の不思議さを思い出させる。


彼らも僕に人生の不思議さを思い出させる。


彼らもまた、僕に人生の不思議さを思い出させる。


彼らも再び僕に人生の不思議さを思い出させる。


勢ぞろいした初期のCHIC Org-彼らは僕に人生の不思議さを思い起こさせる-

 



 


Add a comment Add a comment

Comments

Category: -惑星Cを行く[C: cancer、癌]-

WOPC: CHIC Organizationと

-惑星Cを行く[C: cancer、癌]-

CHIC Organizationと


ブルックリンの屋上でCHIC Organizationと(2011年10月1日)

今後数週間にわたり、僕にはやるべきことがたくさんある。医師に会ったり、LAと行き来したり、サイン会とチャリティの慈善興行も2つしなくてはいけない。その間、僕は何曲か演奏するつもりだ。CHIC Organizationと。

 


CHIC Organizationと演奏した何曲かで、僕は幾つもの賞を受賞した


CHIC Organizationと 本番直前の僕とレニー・クラヴィッツ(2011年9月11日、London)


CHIC Organizationと何曲か演奏する(2011年)


CHIC Organizationと何曲か演奏するジャクソン・ブラウン(2010年10月26日、New York City)


CHIC Organizationと何曲かジャム演奏をする僕とスラッシュ(2008年4月28日、New York City)

 



 


Playing a David Bowie song I produced With The CHIC Organization - "Let's Dance" LIVE

Add a comment Add a comment

Comments

Category: -惑星Cを行く[C: cancer、癌]-

WOPC: Balance

-惑星Cを行く[C: cancer、癌]-

バランス


今日から何週間かとんでもなく忙しい週が始まる。だから、僕はバランスをとる為、平和なひとときを楽しんだ。

今日から何週間かとんでもなく忙しい週が始まる。だから、僕はバランスをとる為、平和なひとときを楽しんだ。

進行性の前立腺ガンの手術をして以来、僕は毎日散歩-ウォーキング-に出掛ける。それはいい運動になるし、そのお陰で手術後すぐの頃には縫合裂傷を引き起したであろう伸張を僕はせずに済んだ。もう縫合跡を案じる必要は無いが、それでも散歩はとても良い運動だと感じている。全体重を支える事になるし、もしそれが十分に早いペースであるなら、心臓の鼓動をしっかりさせるためにも良い。

僕の散歩はいつも音楽と一緒だ。(途中で)出会ったり、自然に頭に浮かんで来たりした事に基づいて、一人歌を口ずさむ。出てくる時には、僕はアダム・ランバートの "Whataya Want From Me" に続いて サム・スパローの"Black and Gold." を歌っていた。これは十分にロジカルな事だ。だって、彼らは両方とも僕と一緒に新しいプロジェクトをする、とツィートしていたのだから。

僕の歩調がディスコ・スピードに達した時、僕はBumblebee Unlimited(バンブル・ビー・アンリミテッド)の"Love Bug" を歌い始めた。というのも、 Q-Tip がそれの飾り立てたバージョンを送ってきていたから。最高だ! 戻ってくるまで、その3曲はまだ僕の頭の中でループしていた。そして、今もなお僕はバランスをとっている。

 


戻ってくるまで、その3曲はまだ僕の頭の中でループしていた。そして、今もなお僕はバランスをとっている。


アダム・ランバート"Whataya Want From Me"


サム・スパロー"Black and Gold"


Bumblee Unlimited(バンブル・ビー・アンリミテッド) "Love Bug"


Q-Tip

 



 


Add a comment Add a comment

Comments

Category: -惑星Cを行く[C: cancer、癌]-

WOPC: Rain Approaching

-惑星Cを行く[C: cancer、癌]-

雨が近づいて


風が煽り立ってきた。頭上には青空が見えるが、雨が近づくのが見えた。

風が煽り立ってきた。頭上には青空が見えるが、雨が近づくのが見えた。僕は屋外にいられる時間が限られるのに気付いた。僕は時間管理の新しいアプローチ(やり方)を試した - ギターを練習しながら、バックポーチ(裏のベランダ)を歩くのだ。それはとても合理的だった。演奏する時、僕は立って歩き回る。それなら、同じように練習したっていいじゃないか?

約一年前に進行性の癌と診断されてから、僕は何百マイルも歩いている。

題名は"Le Freak" そして(その曲の歌い出しの様に)ぶっ飛びの日々が始まる。僕は今後数週間にわたってやらなくてはいけない予定が沢山あるが、僕の健康状態が最高に良いという訳ではないので、少しばかり心配だ。より一層健康への配慮が必要となるだろうから、もっとウォーキングをするつもりだ。

僕の精神は強い。比喩として、僕は日光浴をしている。僕は雨が近づかない事を願っている。

 


今日はちょっと素敵な事を試してみた。僕はバックポーチ(裏のベランダ)やトレッドミルで歩きながらギターを練習した。


昨年12月、僕の手術の前に初めて健康に良いウォーキングを始めた。


手術後数日でのウォーキング


手術の後、何日か歩いていた時僕は一組の映画のクルーに出くわした。僕は発症の成り行きを話した。そこにはエディマーフィーがいた。


これは数ヶ月前に撮影されたもの。ハリケーンがわずか数時間で行ける所にまで近づき、沢山の雨が降っていた。


日光浴をする。

 



 


Add a comment Add a comment

Read more...

Category: -惑星Cを行く[C: cancer、癌]-

WOPC: Boku Jishin

-惑星Cを行く[C: cancer、癌]-

僕自身


写真撮影終了後の僕自身-自宅リビングルームにて-

今日は『Le Freak』(僕の自叙伝の名)について沢山のインタビューを受けた。そのインタビューをする中で、僕のアパートで写真撮影をした。

そのフォトグラファーは、彼が今まで訪れた中で一番素敵なアパートだと言っていた。それを言葉どおりに信じる訳ではないが、彼の言葉は僕の人生と人々、場所そしてその中に存在する物事に対する感謝を感じさせる事となった。

自身の人生の中に、どれだけ素晴らしい思い出があるかを時々忘れてしまう。-僕自身-。

 


僕のリビングルームにある僕自身を描いた油絵


僕のリビングルームにあるミュージシャンの像


僕のリビングルームにあるバイオリニストの像


僕の書斎でロバート・メイプルソープが撮った僕の写真のスナップ


僕のNYCのアパート


僕のNYCのアパート


僕のNYCのアパート


僕のNYCのアパート


僕の事務所内で-フィル・コリンズと僕-


ジャネル・モネイと僕

 



 


Add a comment Add a comment

もっと読む(英語のコメントは日本語に訳してありません)

Category: -惑星Cを行く[C: cancer、癌]-

Page 31 of 32

Blog Search